大人ニキビは生活環境の改善で防ぎましょう

10代の頃はニキビが出来ても、潰せばすぐに治って、あとも目立たなくなるので、それほど気にしないでいられますが、社会人になってから出来る大人ニキビは非常に厄介なので、悩まされている方は少なくないようです。

ニキビが顔の目立つ位置にあると。お化粧してもそこだけ赤くなるので非常に目立ちます。
無理に潰そうとすると、クレーターのような凹凸が残ってしまう可能性があるので、むやみに触らない方が良いでしょう。
一度凸凹になったお肌を、平らでツルツルの状態に治そうと思ったら、美容外科クリニックでレーザー治療を受けなければならないので、いくら何でもそこまで大袈裟な真似はしたくないでしょうからね。

大人ニキビはひどい状態になる前に、自分で対策を練ることで防ぐことが可能です。
生理前に出来やすいという点からもわかるように、大人ニキビはホルモンバランスの乱れに原因があります。
よってこれを防ぐためには、普段から肉やスナック菓子などの脂っぽいものを摂り過ぎないようにし、野菜をたくさん摂るなどの食生活の改善が必要です。
さらにお酒やたばこを控えたり、睡眠を十分にとるといったことに気を付け、生活環境を見直すようにしなければなりません。

また普段使っている化粧品を、お肌を清潔に保ち、菌の繁殖を防ぐ効果のあるニキビ対策化粧品に替えることでもかなりの効果を得ることが出来ます。
お肌の新陳代謝を助けるビタミンC配合の化粧品やセラミドを配合した保湿化粧水もニキビ対策には良いので、ぜひ使ってみるようにしましょう。

お尻のニキビ

ニキビは背中やお尻など顔以外の部分にもできます。私はお尻にニキビができてしまいました。
お尻も意外にニキビができやすい部分です。椅子に座ったとき肌に負荷がかかり角質が厚くなりやすいです。厚くなった角質は毛穴の出口をふさいで、毛穴内部に皮脂がたまりアクネ菌が繁殖してニキビができます。不衛生になりやすいのもニキビができる原因です。

ちょうど座ったときに当たる位置なので、椅子に座っているとき痛くてつらいです。最初は小さなニキビだったけど、体重で押しつぶされてつぶれて、白くて大きなニキビになってしまいました。膿がたまっているようで心配です。

できるだけニキビに触れないように、柔らかいクッションを敷いて椅子に座っています。クッションがあると少し痛みが引きます。
ニキビを治すには保湿が大切なので、刺激が少ないワセリンをお風呂上りに塗っています。

少しずつニキビがしぼんできているようなので、ケアを怠らないようにして早く治したいです。

ピーナツとニキビ

そんなに深刻ではなかったのですが高校生の頃ビキニで悩んでいました。当時は思春期だったこともあり顔のできもの1つでものすごく不安になり気にしていました。そんな時にピーナッツを食べるとニキビができやすいという情報を耳にしました。実際はその情報はデマらしいのですが寺だと知った今でもニキビができるのが怖くてピーナッツを食べなくなってしまいました。

ピーナッツを食べるとニキビができやすいというのはピーナッツに含まれている油分によってニキビができやすいということで実際は油分の多い食べ物を食べるとニキビができやすいということなので油分を抑えることでにきび予防につながるということなのですが、それを知ったのはつい最近で当時はピーナッツに対する敵対心が本当に強かったと思います。大好きだったピーナツバターも食べなくなりましたし柿ピーも食べたくなりました。そしてその影響からか今でも頭の中では大丈夫だとわかっているのですがどうしてもピーナツを避けてしまうようになってしまいました。

ニキビはとにかく触らない

ニキビができて、膿ができると触りたくなってしまいます。
ひどくなってしまって、膿ができたときに、ものすごく気になってしまいました。
触ると雑菌が付いてしまうので、決して良くないことだとはわかっています。
でも、気になって仕方がなくて、どうしてもちょっと指で触ったりしてしまいました。
そして、膿が固まってくると取りたい衝動にかられます。
これも、決して良いことではありませんし、むしろ、悪いことなのでやってはいけないことです。
頭ではわかっているのに、取れそうだなと思ったら、自分で取ってしまいました。

やはり、やってはいけないことをやったせいか、ニキビ跡が残ってしまいました。
自分で膿を取ることも良くないし、ニキビに触ること自体が不潔なことなので良くないのです。
やはり、ニキビができても触ってはいけないのだとニキビ跡が残ってしまった今頃になって気付きました。
ものすごく気になってしまうのですが、ニキビには触らないことが鉄則です。

お菓子を食べ過ぎるとできてしまうニキビには悩みます。

大好きな甘いお菓子を調子にのって食べ過ぎてしまうとその2日後ぐらいにニキビが
できてしまったりします。お菓子を食べること自体はちょっとしたストレス解消にも
なるので日々食べたいのですが、ニキビができてしまうことを考えると食べることを
ためらってしまいます。

しかし大好きなのでまた食べるとニキビがあらわれるので、日々そのケアに追われて
いたりもします。

ニキビができている時には過剰にメイクをしてしまうとよりニキビが悪化してしまう
ので、口紅と眉毛以外はノーメイク状態で過ごすようにしています。こうすると治り
がやはり早いのです。

ニキビ薬も何度も挑戦したのですが私の場合は肌荒れの原因にもなってしまうので
普通の定番ケアのみで何もせずにいじらずにただただノーメイクで過ごして治るのを
待つことが多いのです。

しかし、ニキビができてしまった時にはたっぷりの野菜を蒸して温野菜にして朝食に
たっぷりと食べたりおやつを果物に変えたりしてたっぷりのビタミンがとれるように
工夫をしたりもしています!

乾燥してもニキビができる

ニキビというと、皮脂が多くてできるというイメージが強いです。
だから、皮脂が多く分泌しないようにあぶら取り紙を使ったりしていました。
冬になると肌が乾燥してしまいます。
皮脂の分泌も抑えられる季節なので、ニキビの心配をする必要がないと思っていました。
それなのに、冬にニキビができたことがあります。

皮脂の分泌は明らかにほかの季節に比べると少ないはずです。
むしろ、肌が乾燥しているくらいなので、驚いてしまいました。
ニキビは、乾燥していてもできてしまうのだとその時に思ったんです。

今では、保湿に力を入れるようになりました。
肌が乾燥しないようにすることで、ニキビができないようになるかもしれないということもあります。
もちろん、乾燥は肌に良くないことも知っています。
保湿に力を入れるようになってからは、ニキビがあまりできなくなりました。
あまり保湿とニキビは関係がないように思っていたのですが、実際にはとても関係があるようです。

そして、この保湿に大切なのは化粧水です。
ニキビに効果的なニキビ化粧水を使うことで、ニキビのできにくいお肌にしていくことが可能なようです。
ニキビ化粧水で乾燥を予防してニキビ対策することが大事
こちらにニキビによく効くニキビ化粧水が紹介されていて、とても納得できたので購入しました。
じっくりニキビケアに取り組んでいきたいと思います。

ニキビ対策として行っていること。

突然肌にプツッとできるニキビに悩んでいます。
私のニキビは主に顔に出来ることが多く、顔の中でもおでことあご周辺が特に多いです。
ニキビが出来る原因はよくわかりませんが、ナッツ類を食べた次の日に必ずニキビが2つ3つ顔にできるので、食べたものがニキビが出来る原因のひとつになっていることは確かだと思います。

そして1度出来てしまったニキビはなかなか治ってくれず、手入れを怠ってニキビが化膿してしまうと、ニキビの跡がぼんやり肌に残ってしまうことも悩みのひとつです。
こうなってしまうと簡単には元の綺麗だった頃の肌には戻りません。
そんなシミのようなニキビ跡を残さないように注意したいものですが、やはりニキビを作らないようにすることが1番です。

私は時々サウナで汗を流すようになってから多少ニキビが減ってきました。
サウナの熱で毛穴が開かれて新陳代謝が上がることが肌に良い効果をもたらしているようです。
ニキビ解消のために効果があることを地道に続けていこうと思っています。

年齢と共に出来やすくなるニキビ

若い頃は、特に10代の頃によくニキビが出来ていた部位としましては、頬とか鼻の周りによく出現していた気がします。
その度にかきむしったりして、痕が出来そうになるのに恐怖しながらでもまた潰してしまったりしていました。

しかし、若さと言う今日的な回復力によって皮膚が凸凹になる様な事も無く大人になり、現在アラフォーと呼ばれる年代にまでなりましたが、未だにニキビとの闘いは続いています。
ニキビは歳取ったら出なくなると言うのはもはや都市伝説ですね。

歳を重ねるにつれてニキビはどんどんその発生地域を拡大して行ったように感じます。
その度に色んなニキビ用の化粧品や塗り薬で対処ししてきましたが、一向にその侵略の手を緩めて来ません。

そんな私のニキビの打開策は、なるべく直射日光を浴びない事でした。
光老化もニキビ増殖の手助けになると聞いたのです。
そこからUVケアを徹底して、ニキビケアと言うより美白ケアをして行ったところ、ニキビの出現率もかなり減りました。

ので、年齢が進んだ方は特にニキビ対策だけするより、複合的な対策をするのが良いかと思います。

ニキビを作らない為には、食生活から

年末年始、予定外の外食をする機会が増え、気が付いたら体重と共にニキビもかなり増加していたと言うのが、現在の私の肌環境でございます。

やはり、暴飲暴食はお肌の質を低下させると聞いていたのですが、ここまで酷いと思いませんでした。
普段ニキビなんて縁遠いと思われていた部分にさえ、ポツポツと嫌なふくらみが出来ていたのです。

多分、こうやって気付いた時にケアし始めても遅いんじゃないか?とは思って居たのですが、案の定出来てしまったニキビににわか強力洗顔してもあまり効果が無い様な気がしました。

今出来てしまったこのニキビを消し去るには、やはりニキビケア専用の化粧品を使うしかないのだろうかとネットで検索しまくっていた所、たったこれだけでイイんだと言う方法に出会いました。

それは、食生活を乱れさせない事と保湿だけで良いそうです。
これだけで、出来てしまったニキビはすぐ無くなると言うのですが、半信半疑で始めてみた所、始めてまだ3日ですが膨らみが確実に小さくなって来ました。

食事は野菜中心で洗顔後はこれ以上無い位保湿しているだけですが、それだけでニキビは良くなって来ているのです。

お正月に出来た顔のニキビ

新年明けましておめでとうございます!
今年のお正月ものんびりと自宅でコタツに入りながらおせち料理をつまんでいた
ぐーたら人間の私です(笑)
そんな私、今朝洗面台の前に立って自分の顔にちょっとした悩みを発見しました。
それは、お正月のぐーたら生活が原因だったのかニキビが顔の数箇所に出来ていたのです!
鼻の下に一つ、アゴの辺りに一つ、オデコの端っこに一つ、計3つのニキビです。
しかも、すぐ治りそうな小さなものでは無く、3つとも結構パッと見、
目立つような大きなものです…。
去年の年末にはありませんでしたので
間違いなく私がスキンケア対策をおこたっていたせいです。
とにもかくにも今朝は真っ先に洗顔料でしっかり顔の油分を落とし
ニキビ専用クリームを3箇所にしっかり塗っておきました。
今になって感じますが、ニキビというのは出来るまではアッという間なのに、
治るまでには時間が掛かりますので、何だか不条理に感じます…(私がいけないのですが(笑))
まぁ、元々顔の油分が多い体質ですので、今日からまた気を引き締めて
ニキビ対策&スキンケアにしっかり力を入れていきたいと思います!